二人旅。。。



誕生日記念の旅、、、とってもいい思い出になりました。

今回はしまなみを通って広島へ、一泊目は広島市内をぶらり~

お約束通り、お好み焼きを頂こうと夜の街に出ますと、午後7時位にすでに

月が3分の2くらい地球の影に覆われていて、それからしばらくなんと街角に立って

鑑賞致しました。 なんと風情のないロケーションだこと!

翌日は同じ広島県福山市鞆町へ、、、鞆の浦の「汀亭 遠音近音」で1泊。

一日早い誕生日の晩餐を致しました! 素敵な空間に美味しい食事と温泉♨ 

?歳の前夜祭------まったりのんびりさせて頂きました。

翌10日は我が生まれた日、、、二人で鞆町の古い町並みを散策。

この街にはとっても古い建物が数多く遺っておりまして、江戸後期の建物まで。

鞆の浦といえば、あの「いろは丸事件」のお膝元、我が坂本龍馬が大変お世話になった場所でもあり

夫婦二人で「龍馬がお世話になりました!」などと呟きつつ談判の場所や記念館など

散策してきました。

その談判が行われた桝屋清右衛門宅の屋根裏の隠れ部屋(龍馬が泊まった部屋)もその当時のまま

保存されており、気が付いたら旦那さんは思わず龍馬が座していたであろうその場所にちゃっかり

座っておりました!! 

龍馬の賢さと先見の明はご承知の通り、、、現在の政治の叩き台になったといわれる

「船中八策」も然り、今の日本は龍馬が命がけで目指した国になっているのであろうか?!

龍馬が生きていたら----------------

「なんじゃこりゃ!わしはこんな国にしとうて命をかけたがじゃないぜよ!]

と一喝されそう。。。。。 

長崎を筆頭に龍馬の足跡は今も、それぞれの地元の方々の手で大切に伝承されていることに

深く感動し、お土産に鞆肥後屋の鯛味噌など買い込み帰途に。

もちろん、広島ではもう何度も訪ねたことのある原爆資料館など

複雑な思いで見学したことでした。 

旦那さん曰く、

「この場所に幾人も訪れている政治家や首相、今年は安倍首相、、、

 この場所を見て、それでも原発を動かそうとする神経が分からないね」

大切なものは唯一つ、、、ここに生きる人間なのにね~と原発稼働断固反対夫婦!!

美しい日本の風景を末代に及び、守っていくのが先人の使命。

あ~~~憤慨したくないけれど、生きている限り穏やかにとはいかないかな~~


 
 宿の窓からの絶景 前の島は仙酔島

e0288544_13233814.jpg



 龍馬が泊まった桝谷清右衛門宅の屋根裏部屋・・・旦那さんが座した写真は却下!


e0288544_13275010.jpg



鯛味噌の老舗 「鞆肥後屋」さん、 江戸時代の建物とか、、、
「鯛胡麻煮」アッサリ味でご飯やお酒が進みます~~



e0288544_13303167.jpg



e0288544_13463257.jpg


 海外もいいけど、まだ見ぬ日本もいいですね~




[PR]

by giggy2 | 2014-10-11 13:36 | 日々、

<< はしご台風?! 寒 露  >>