ある晴れた日に。。。

連休頂いておりました。

いいお天気でしたから、日曜日の午後からうどんを食べに行こうということになり

一路、?? ------------ 高松へ、、、行列が嫌いな夫婦なので、いつも新しいお店を探して

入ってみる。 以前、とっても有名な店で頂いてみましたが、さほど変わらないと思う。

どこでも多分、美味しい! でも、一番好きなうどんは「高知」にある!

出汁といい、うどんそのものもホントに旨い!! うどん好きな方は多分どなたでも

ご存知かと。。。でも市内ではございませんよ、行列なども無いですが、ホントに美味しい。

地方の小さな店です。 気のいい店主がいつも「あっ、石川さん」と旦那さんに声をかけて

くれる。 もう随分前に、その地で大きな仕事をしたときからの知り合いです。

カツオの町です。。。。。うどんが無くなると閉店! ゆるくのんびりなお店なのです。

でも味は確か!! 保証します。


さてさて高松に話を戻してっと、市内で一泊してなぜか?翌朝「栗林公園」へ。

皆様周知の日本三大名園?ではないのですが圧巻の素晴らしい庭園。

園内に入るのは小学校の修学旅行以来。

なんと半世紀の年月が、、、いいお天気でしたのでのんびり散策。

兼六園みたいな象徴的なものがないせいか、一つも覚えていなくて初めて見る感じ。

手入れの行き届いた素晴らしい庭園に、しばしくつろぎの時間を頂きました。

園内にあるshopで名物の和三盆のお菓子を横目に、懐かしきレモンケーキを買って

帰途につきました。もちろんすぐには高速に乗らず、道すがらのうどん屋さんで釜揚げを

頂いて。。。 うどん別腹っていうけどホントですよね~

それにしても小学生で庭園の見学って、どう? 思います?


ず~~っとつまらなかった歴史の授業(特に日本史)が大人になったら興味津々。

「そんなことも知らないの~」って母にたしなめられた長州の母娘旅を思い出しました。

歴史に詳しい母にガイドしてもらいつつの二人旅は母の亡き後「行っておいて良かった」と

心から思える大切な思い出です。 そう3回位行ったかな~~ ケンカしつつ(笑)


 


  
e0288544_1214832.jpg


   歴代藩主がお茶室として使ってた大茶屋「掬月亭」

 
 
e0288544_1234561.jpg



e0288544_12525.jpg



  圧倒的に松の木が多い庭園、なのに栗林公園とはこれいかに?
  チョッと調べてみますと、この庭園が建設される以前、この辺りは栗の林が広がっていたそうです。

  ガッテン!


















[PR]

by giggy2 | 2015-01-13 12:41 | 日々、

<< humoresque展 背筋をピン! >>