「ゴイシシジミ蝶」 



今日も爽やかな一日になりそう、、、しばらくはいいお天気のようですね。

昨日のあの「蝶」色々分かりました。シジミチョウ科の「ゴイシシジミ」

日本全国に生息していて丁度この時季から秋の始めまでみられるようです。

美しいドット柄で小さくて可愛らしい姿なのに、何と肉食系!

笹や竹の葉っぱの裏側にくっついてるアブラムシをお食べになるそう~

日本に生息する蝶では唯一の純肉食らしい・・・

楚々としてはかなげで美しい姿とは真逆の食行動!

チョッとショックでしたわ~~~ でもマンションの9階の外廊下に何故?

もしかしたらベランダなどの植物に付くアブラムシもお好き?!

あまりに美しいから「幸福の使者」なんてタイトル付けたけどイメージ違うわ~~

でも自然って凄いですね~~

新約聖書にこんな一節が----------------「野の花や空の鳥を見るがよい、働きも紡ぎもしない

なのに天の父は彼らを装い養って下さる。あなたがた(人間)は、はるかに優れたものではないか」

(原文を分かりやすくアレンジしております…)

自然界のなんでもないものにさえ命と素敵な輝きを与えてくださってるのに人間ならばなおさら

。。。。。神様がどれほどに人間を大切に思い、愛しておられるかをつづられた聖書の一句。

   天地万物を絶妙なバランスで想像された方が。

   
   皆さんはどう思われますか?  「見えないものこそ真実」人の心も同じ

   困ったとき、悲しいとき思わず「神様!」って呟くけど、、、大きく包み込んでくれる

   存在をどこかで求めてるんですよね~~


   こんな時代だからこそ・・・・・


     ネット画像から、、、ゴイシシジミ
     


e0288544_1133661.jpg



   やっぱり美しい~✨

   出会えて良かった!


[PR]

by giggy2 | 2015-05-26 11:39 | 日々、

<< 「モネの庭 マルモッタン」 幸福の使者? >>