コルクのこと。。。



静かに、丁寧に見て頂いた初日。


すでに何体かの愛すべき子たちがお嫁に行きました。

コルクの造形は非常に難しくて、国内ではマツバラさんお一人と聞いております。

1体だけ、大きなコルクの素材を彫り込んで成形したものがありますが、

それ以外は、ワインやシャンパンのコルクをくっ付けて彫っておられる。

コルクもやはり、高いワインやシャンパンのほうが質が良く、彫刻しやすいとのこと。

そういえば、安いワインのコルクは上手く開けられないと、ボロボロと崩れること

がありますよね。。。 難解な素材に敢えてチャレンジされ、木や金属や

土などとは違った質感と表情から、ソフトでホットなオーラが伝わってきて!

何より軽い! 壊れにくい、虫ピンで壁にくっ付けられる!

気分で色んなシチュエーションで演出できる。

何とも愛らしい丸顔の子、シュッとした大人な女性など、、、

何方かとの出会いをお待ちしております。

さあ~~今日はどの子が、どの方の元へ行くのかな~

マツバラさんがお買い上げ下さったお客様に「どんなお気持ちでこれを選ばれましたか?」

と質問されてました。 「一目ぼれ」 「自分の気持ちに寄り添ってくれたような」とか

その理由は色々ですが、気持ちの赴くままにデッサンをし、彫り進む。。。

その時のご自分の気持ちと選ばれる方の思いが、どんなふうにリンクしているのか?!

知りたいのかもしれませんね~~ 作り手と、それを育てて下さるお客様との共同作業

によって完成する!  クラフトでも洋服でも同じかな? 

そんな愛しい子らの行く末が、マツバラさん!やっぱり気になるのかもしれませんね。

すでにお客様の手元に行った子たちも、もちろん見て頂けますしご希望でしたら

お作りすることもできますので、~18日(金)まで--------------お待ちしております。






    「梯子を登る」

e0288544_10511841.jpg



    「てふてふ」

e0288544_10513550.jpg




    「みかんを抱く」

     
e0288544_10515242.jpg



 他にも色々。。。


 ドローイングの絵画やキャンパス地で作ったBagも好評です。





































[PR]

by giggy2 | 2016-03-13 12:34 | 日々、

<< メッセージ 「littel tiny」マツ... >>